トップページ

LIFE SAFETY LEARNING CENTER



〈整形外科と形成外科の違い〉


病院に行って受付をするときに、整形外科にかかりますか?形成外科にかかりますか?
と聞かれ、違いがあるの?って疑問に思われた方もいらっしゃると思います。

 そこで、整形外科と形成外科の違いについて以下解説となります。整形外科は、骨折 腰痛 捻挫 打撲 関節痛などでかかるところです。

いわゆる、外傷の治療を目的としています。身体の運動に関する治療を行います。

具体的には、靭帯や筋肉の疾患、骨や関節の外傷、脊髄や神経の疾患や、リハビリテーション、腰痛、肩こりなどの治療が該当します。

対する形成外科、外科といっても皮膚科に近く、ほくろ取りやしみ取り、また火傷の治療での皮膚移植というような治療をするところです。

身体の表面や形を扱う内容を面としており、具体的には、ケガ、やけど、床ずれなどの外傷や手術で失った組織の再建、皮膚の病変で切除などが必要なものやをいいます。

若返り手術など美容整形と呼ばれていますが、これは形成外科の範疇に入ります。つまり、美容専門の形成外科が美容整形というわけです。
つまり、クリニックが自由診療で行っている美容整形や美容形成は、形成外科の延長上にあるということです。

例えば、男性であれば、包茎の人も多いと思います。東京ノーストクリニックのような包茎クリニックで包茎を自由診療で治療する。これは病院の泌尿器科で保険診療で手術されたのでは、保険適用で手術費用は安くなったとしても、美容的な観点が無視され、期待している内容とは程遠い診療となってしまうためです。

そのため、包茎手術する人の多くは、自由診療の美容外科系のクリニックで手術しているみたいです。お金をケチって、ながい残りの人生を後悔したくないというのが理由のようです。

 
整形外科と形成外科の違い